2011年01月14日

アマチュアスポーツ

お正月2日、3日の箱根駅伝に始まり、

全国高校サッカー選手権大会は、兵庫の滝川二高が京都久御山を後半の接戦を制し

5対3で戦後初72年ぶりに見事優勝。

全国高校ラグビー選手権大会は、東福岡高と桐蔭学園が劇的引き分けでノーサイド

両校優勝。

全国大学ラグビー選手権大会は帝京大が早大を17対12で破り2年連続2度目の優勝。

大学日本一に。

全てに試合に多くのドラマがあり、大きな感動を私たちに与えてくれました。

一生懸命物事に挑戦する素晴らしさ、精一杯全力で挑戦する素晴らしさ心打たれます。

母校の為に、チームの為に、己の為に精一杯全員で命がけで目的に向かって頑張る。

何物にも代えがたい、一生の仲間・一生の財産になると思います。

私も今与えられた仕事を任務・責任をしっかり全うできるように頑張っていきたいと思います。

新しい年を迎え、アマチュアスポーツから多くを学ばされました。




どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

箱根駅伝

お正月恒例の大学対抗箱根駅伝、今年も素晴らしいドラマがありました。

早稲田大学も東洋大学も強かった、往路の5区山登り今年も山の神、柏原君強かった。

復路の6区のスタートから早稲田VS東洋のデットヒート、ドキドキしました。

又、全選手タスキを次のランナーに渡した後その場に崩れ落ちます、余力を残さない

自分の責任、任務に対して全力を出し切る、心打たれます、感動します。


最終ランナーの10区の8位〜11位の4校・4人のランナーのデットヒート

10位までの来年のシード権争い手に汗握りました。


結果は、早稲田大学が大会新記録で18年ぶりの総合優勝、おめでとうございました。

渡辺監督と選手部員との強い絆見事でした。


21秒差の東洋大学も見事でした、準優勝おめでとうございました。


結局、3秒差で来年のシード権逃しました城西大学も最後の粘り見事でした。



今年も多くの気づきをいただきました、そして、多くを学ばされました。


何事も準備をしっかり行う、自分の任務を全うする、全力を出し切る、余力を残さない。


「やり遂げる」


命をかけて、一所懸命に物事に取り組む、そこに人の心を動かす感動が生まれる。


素晴らしい学びをいただきました。


大会関係者と選手の皆さんに心から感謝いたします。







どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。


posted by 山田壽雄 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

2011年スタート

2011年もスタートして10日が経ちました。

「竹節ありて強し」私の好きな言葉です。

節目節目を大切にする。

「百年に一度」の経済危機といわれて二年余りが経ちました。

その間に、国民の大きな期待を担って政権交代が新しい体制に日本の未来が

拓けていくと多くの国民が思ったと思います。

しかし、実情は党内抗争に明け暮れ、尖閣問題に始まる外交問題、安全保障、普天間問題

TPPという今後の日本にとって極めて重要な問題が山積してますところ適格な判断が後送り

になっているように感じられます。

これでは未来を切り拓いていくどころか、日本の将来が不安になります。

年の初めの、この大きな節目を大切に日本の将来に期待が持てる政治に新しい時代を

築き上げていかれることを切に願っています。




どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。


posted by 山田壽雄 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨年は、私にとって、ある意味「最高の年」でした。

年間10の目標を毎年立てているのですが、


健康部門の年間ウォーキング300万歩をクリアーしました。

趣味の部門の読書100冊もクリアーしました。

仕事の部門の研修会12回もクリアーしました。


自分の目標を達成するには、やはり健康第一であると考えます。

健康管理をしっかり行い、小さな事を一つ一つ積み重ねていく継続すること


立てた目標を何が何でも「やり遂げる」


正月の箱根大学駅伝テレビで見てまして強く感じましたが

自分の任務を全力で遂行する、次のランナーにタスキを渡すまでの任務を

余力を残さないで全力で走りタスキを渡したらそこに崩れ落ちる姿に

感動を覚え学ばされました。



今年の私のキーワードは「やり遂げる」全てのことに、途中であきらめない

最後まで何事も「やり遂げる」を。



今年もご縁を大切にし、

一日一日を大切に積み重ねていきたいと思っています。

皆様にとって益々希望に溢れる素晴らしい一年でありますようにお祈りいたします。




どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。