2011年05月02日

八十八夜

今日、5月2日は八十八夜、茶業に携わる人間にとって記念すべき日です。

八十八夜は立春から数えて88日目をいいます。

「夏も近づく八十八夜〜♪・・・・・(中略)あれに見えるは茶摘みじゃないか〜♪」と

唱歌に歌われているように、この時期には茶摘みが最盛期になり、特に今日5月2日

の八十八夜の日に摘んだお茶の葉は昔から、無病息災の縁起物の茶として珍重されて

きました。

お茶の葉は、一度でも霜にあたると駄目になってしまいます。

そのため、昔は藁をひき、霜を防いだようです。

霜に対してさらに注意を促すために「八十八夜の別れ霜」というような言葉も生まれました。

八十八夜は霜のなくなる安定した気候の訪れる時期です。

春から夏へ移る季節の境目の日として重要視されてきました。


茶摘み


♪夏も近づく八十八夜

野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは

茶摘ぢやないか

あかねだすきに菅(すげ)の笠



日和つづきの今日此の頃を、

心のどかに摘みつつ歌ふ

摘めよ 摘め摘め

摘まねばならぬ

摘まにや日本の茶にならぬ♪





どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。