2011年08月29日

退任

米アップル社のスティーブ・ジョブス氏が経営トップの座を退くというニュースに、

同社の株価は急落しました。

経営者一人が去るだけで(会長に)2兆円余りの時価総額が吹き飛びました。

日本では、菅直人首相が退任表明されました。

「厳しい環境のもとでやるべきことはやった」とご自身の仕事ぶりを語ってました。

この二人の退陣、本人が説明しなくても、残した業績の価値は、誰が見てもハッキリしてます。

トップリーダーの役割・重み考えさせられました。

もっと言うと、芸人・島田伸介さんの芸能界引退の記事が新聞各社(スポーツ紙当然除き)

同じ一面トップの左側に大きく写真入りで報道されてましたが・・・・・・

今日のお昼頃には、民主党代表選挙の結果が出ます。

次の首相が決まるわけですが、国民は何を期待するのでしょうか?

この日本をどんな国にしたいのか、どんな政策が必要なのか、

力強いメッセージに期待出来るのか?

スティブ・ジョブズ氏は「毎日を人生最後の日だと思って生きている」と語ってます。

日本の政治家にその覚悟があるのか、ジョブズ氏の言葉は重いものです。

日本のトップリーダーの役割・覚悟に、

今日の記者会見に注目してみます。





どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

お盆休み

毎日、熱い日が続いてますが、みなさんお元気ですか?

お盆休みは、如何お過ごしでしたか?

夏といえば、

甲子園全国高等学校野球選手権大会、

素晴らしい、熱戦が繰り広げられてます。

今日、ベスト4が決まります。

いよいよクライマックスが近ずいてきてます。

今年は、特に延長戦が多く熱戦・熱戦、そして、逆転で勝負が決まる。

満塁ホームラン、ミラクルの連続、こんなことが現実に起こるのか。

最後まで、決して諦めない、高校生に教えられます。

今年も涙なくしては語れない、感動・感動の甲子園です。

それから、もうひとつ本を読んで感動しました。

文芸春秋刊、出町譲著

清貧の復興 土光敏夫100の言葉

私は、毎年お盆休みは数冊の本を読みあさりますが、

この本は一気に読み上げました。

戦後の復興に全力を尽くし、

高度経済成長を駆け抜け、

晩年は国家再建に命を燃やした。

私生活では贅沢を嫌い、

大手上場企業の社長時代も生活費は月3万円。

メザシの土光さん(私も見習って勉強します)

勤勉・質素・倹約、見事です。

東日本大震災後の日本が復興に向かう今こそ「土光敏夫」のような

目標を設定してそこに突き進むリーダーが必要だと強く感じました。

明治の気骨、考えさせられました。

清貧の姿勢で復興と改革を成し遂げる事ができるのは、今の日本にいるのか、誰なのか。

自分の発言に責任を持つ、気骨のあるリーダーは、果たして誰なのでしょうか。




どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

農業経営戦略講座



今朝の静岡は一点の雲もなく快晴、久しぶりの爽快感。

昨日は、午後1時から、浜松の静岡県総合庁舎にて、

静岡県西部農林事務所農業経営戦略講座(開講式)に行ってきました。

今月8月スタートで来年3月の修了式まで6ヶ月間の研修講座(月​一回)

第一回、経営の基本、目標と経営者の役割

私の、講義は「経営理念と経営計画について」100分の講義

少々長い講義でした。

その後の質疑応答が60分これにも驚きましたが、その内容の濃さ

出席者の真剣さにはもっと驚かされました。

現状の農業の厳しさ、その中で必死に経営に取り組んでいるみなさ​んの

熱心さには逆に私の方が多くの気づきを頂いた感じでした。

県西部、浜松中心ですので、三ケ日のみかん農家、水稲、露地野菜​、バラ、

植木、養蜂、鶏卵等、20人程の出席者でしたが、流石、この勉強​会に出てこられる方たちですの

で、真剣なまなざしでしっかり講義​のメモを取り私も久しぶりに熱い時間を過ごしました。

日本の農業、非常に厳しい環境下にありますが、将来に大きな光が​あると

確信できました。

ただ、茶農家の方が一人もいませんでしたのが少し残念でした。

なぜ、この感想を書いているのかは、

今朝、パソコンを開いたら、昨日の講座出席者多くの方から​、早速、

私の講義の感想・お礼のメールが入っていました。

その内容にも感動しました。

私の商売は、農業に大きくかかわった商売です。

生産者に今まで以上に感謝の気持ちを持って「共存・共栄」

共に頑張っていかねばと強く感じました。

感謝・感謝・感謝。

※ビジョンなきところに目標なし。
※目標なきところに行動なし。
※行動なきところに成果なし。

どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。