2012年09月20日

カルネアデスの板

今回は「カルネアデスの板」のテーマでお送りします。


前回のメールで私は厳しく経営維新塾の塾生の心に訴えました。
甘さがあっては、学んでも学んでも、何の意味もないからです。
しかし、平和で豊かな時代に育った私たちにとって、甘さを捨てるというのは簡単ではない。
そこで私は、次のような命題を出してみました。
『カルネアデスの板』です。

ギリシア時代、船が難破し全員が舟から海中に放り出されます。
荒れ狂う海。カルネアデスのところに1枚の板が流れ着きます。
『助かった!』彼は一瞬、そう思う。しかし、他の難破者も板きれに気づく。
1人が板にすがりついてきた。途端に、2人は沈んでしまう。
その板きれでは、2人を支えきれないのです。
カルネアデスはどうするのか。
すがりついてきた者を蹴飛ばして板を死守(文字通り死から免れるために!)するのは正義に反するのか。あなたがカルネアデスならどうするのか。
これが今回の命題。

塾生の一人がすぐ手を挙げました。
「板を守り、自分が生き残ります。当たり前の話」
─板にすがったのがあなたの奥さんだったら、どうしますか?
「妻に譲ります」これも当たり前と言いたげに、彼は即答しました。

この命題に「正しい答」はありません。「2人で板につかまり、助けを待ちます」「自分だけ生き残るのは嫌だ」という塾生もいました。
─難破したタイタニック号のボート、あと3人だけ乗れるとしたら?
塾生に目をつぶってもらいました。「自分はボートに乗る、という人は手を挙げて」。
12人中、3人が手を挙げました。たった3人…。
このメールを読んでいる、あなただったらどうだろう。
手を挙げる人はもっとずっと多いのではないだろうか。

わが塾生たちは心の優しい人たちでした。、

想像してみてください。生命(いのち)の危険ですよ。自分の命が危機に瀕している。口の中に銃口を突き付けられているのと同じ。絶対絶命。明日はありません。そんなとき、人は死に物狂いになって当たり前。阿鼻叫喚です。海の中にいる者は、必死にボートにしがみつき這い上がろうとする。ボート上の者は、すがりついた腕に手を差し伸べることが出来であろうか?
選択を求められた時、とっさにそこまで考えたでしょうか。


先に書いたように、この命題に答えはありません。しかし、あなたが社長なら、会社を生き残らせるためには、社長自身が何としてでも生き残ることが会社の存続可能性を高める、ということを知っていなければなりません。
家族の中に1人しか生き残れないという状況なら、選択肢はいろいろあるでしょう。しかし会社は違う。リーダーたる社長が残っていなければ、会社の存続可能性は著しく低くなります。

今回はたとえ話でしたが、リーダーは常に最悪の事態を想定して何度も何度も心を鍛えておかなければなりません。会社経営者は、「その時どう対応するか」を考えていなければいけな。社長は生き残り、責任をとっていくのです。
常にその覚悟を持って生きていなければならないのです。

今さらながらですが、塾生に尋ねたい。
私がなぜ目をつぶれ、と言ったかわかりますか?
分かったと思います。小学校の先生が「誰がお金を盗ったのか、正直に手を挙げて」というのと同じですよね。それで余計に手を挙げにくくなったと、私は想像しました。12人中たったの3人!
これが命の修羅場で12人が譲り合い助かる3人を決めたのなら、私は皆さんを心から尊敬します。しかし、今の私の思いは違う。
─ここまでていねいに、いざという時のリーダーの責任を説き、またリーダーは常日頃から最悪のことを考えシュミレーションし答えを持っていなければならないと言っているのに、リアルな想像力を持てないでいる。これで「リーダー」と言えるのか。

塾の講義は遊びではありません。私の質問に脂汗(あぶらあせ)をかいていますか?夜、うなされるほど今日の講義を反復していますか? 今日の講義で身についたことはなんですか? 自分を変えましたか?
「脳味噌に汗をかく」というのは、山田のお題目ではありませんよ。
山田経営維新塾の塾生たちは、私と同じフロアに居、同じ空気を吸って数時間を過ごしています。緊張でクタクタになり、家に帰ったらバッタリということがありましたか?
自分の心根が変わらなければ、塾から得られるものは何もありません。

人間力
第1講で学びました。
「感謝の心」「御蔭様の心」「思いやりの心」
リーダーは真摯であれ、謙虚に素直に・・・・・。
約束を守る、ルールを守る、エゴを捨てる。
人間力を高める「学び」続けましょう。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★「非常識社長の維新を起こす経営」★

アマゾンにてご予約可能
お近くの書店でもお買い求め頂けます。
http://www.amazon.co.jp/%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E8%AD%98%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%AE%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E7%B5%8C%E5%96%B6-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%A3%BD%E9%9B%84/dp/4896102347/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1336989767&sr=8-1
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
一般社団法人「山田経営維新塾」
HP : http://www.yamadajuku.jp/Blog : http://yamada-hisao.seesaa.net/ 山田経営維新塾メールマガジンバックナンバー
http://yamadajuku.blogspot.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
社団法人「山田経営維新塾」
事務所住所
〒420-0034 静岡市葵区常盤町一丁目
8番地の6アイワビル7F
事務局(担当:岡田)yamadajuku@live.jp
塾長:master@yamadajuku.jp
電 話    054-653-3607
ホームページ http://www.yamadajuku.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
posted by 山田壽雄 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

人間力・リーダーの真摯さ

前回のメールで私が何を言ったか、皆さんは覚えているだろうか。
ほぼ確信を持って言うけれども、ほとんど記憶に残っていないのでは?

2点言いました。
リーダーは真摯であれ、ということ。
その真摯さは学ぶことはできない。リーダーたるもの、始めから身につけていなければならない資質なのだ、と言ったのです。
もう1点。
真摯さは、まず謙虚であること。おごり高ぶらず、権力的な発想を持たず、部下を信じ慈しむ。リーダーにそういう資質がない時、あるいはどこかに置き忘れてしまった時、「木は梢から枯れる」。組織そのものが崩壊してしまうのだ、と言ったのです。

それでは私が前回、悪しきマネジャーの典型例として出した次の話を覚えているだろうか。

「ともに働く者、特に部下には、上司が真摯であるかどうかは数週間でわかるものだ」とドラッカー氏の言葉を引き合いに出して、ダメなマネジャー2タイプを示したのです
■自分の職責に対して無知であり、無能なマネジャー。
■部下から見ていかにも頼りない、また「らしくない態度」のマネジャー。
そしてさらに、この2タイプのダメマネジャーより、真摯さに欠けているマネジャーの方がもっと悪いとして、真摯さに欠けるマネジャーの例を5つばかり挙げたのです(後で前回のメールを読み返してください)。
でも、どうやら私は先を急ぎすぎたようです。

今月7日に行った6回目の山田経営維新塾で私が感じた思いを正直に言いましょう。上に書いた■の部分はダメなマネジャーの典型です。職責を把握していること、職責にふさわしい態度を示す、ということはリーダーとしての「基本のキ」。当然、そのくらいの基本は備えていると思っていましたが、『本当に満たしているのか?』と、心配になったのです。
もちろん塾生には、いいところがたくさんあります。責任感があり、まじめ。そして謙虚である。立派なリーダーになる素地がかなり備わっています。
しかし、穴ぼこだらけでもあるようです。
一言でいえば、甘いのです。

1回目と同じでした。
講義に遅れて来る者がいる。それをとがめる者もいない。漫然と数分を無駄にして、何の怒りも感じない。
維新塾の塾生たちは、和気あいあいと何を学びたいのだろうか。リクレーションの仕方ですか?休日の楽しい過ごし方ですか? 社長、幹部としての在りようではないのか。

ルールを守る▽約束を守る▽言い訳しない−何度も言ってきた「基本」です。
仕事は前半主義でやろう−これも基本。しかし、宿題を塾の前日に提出する人もいる。
名刺交換は命の交換である、とも言いました。ここから商売が始まる。自分を売り込む場。「最高の笑顔で」とも教えました。実践していますか?
礼状は毛筆の手紙で。これも教えました。営業に行って時間をもらった。礼状を必ず出していますか?めんどうなアナログの手段だからこそ相手の印象に残る。ここまで言ったのに、継続できないのはなぜでしょう。
手紙は書くのが難しい。でも、塾生の中には書くことのプロもいる。「手紙研究委員会を立ち上げ、勉強してみたら?」と言いました。でも勉強会は開かれていない。私の言葉はそれほど軽いのだろうか。
維新塾の第1回、環境整備として七福醸造の犬塚敦統さんに話していただきました。何を聞いていたのですか?トイレ掃除を今もやっている人、いますか?

維新塾に来て、人の話を聞き、学び、モチベーションが上がる。
「よし、やるぞ!」と思う。
しかしその決意、何日続きますか?
「やったことしか残らない」と私は何度言ってきたことか。
何日かすると元の黙阿弥。それでは普通の生徒と一緒です。

でも、人間って、そういうものでもある。決意したって、すぐに気がなえてしまう。本当に本当に追い詰められて、崖っぷちまで追い込まれて切り返したのでなければ、人間の決意なんて、一晩眠れば忘れてしまうものです。
犬塚さんがなぜすごいのか。
彼は常人ですか? ある意味、あそこまでやるのは尋常ではない。自分を習慣化し、組織に対しても全身全霊でそれを求め、繰り返し繰り返し、嫌となるほど叱咤激励し、時には怒りを見せ、脅し、すかして社員をあそこまでもっていった。
これって、常人のワザですか?
異常と言わないまでも、異才なのだと思います。

なぜそんなにまで追い込むのでしょうか。
組織を生き残らせるためなのです。
リーダーとしての責任を果たすためです。
職責に対して無知であり、無能なマネジャー、「らしくなれない」マネジャーの下では、会社は1カ月ともちませんよ。

維新塾に来たのなら、自分を変える覚悟をしてください。
甘い自分とキッパリ縁を切る。
嫌われても筋を通す。
覚悟がなければ、とてもリーダーは務まりません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
★「非常識社長の維新を起こす経営」★

アマゾンにてご予約可能
お近くの書店でもお買い求め頂けます。
http://www.amazon.co.jp/%E9%9D%9E%E5%B8%B8%E8%AD%98%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%AE%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E7%B5%8C%E5%96%B6-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%A3%BD%E9%9B%84/dp/4896102347/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1336989767&sr=8-1
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
一般社団法人「山田経営維新塾」
HP : http://www.yamadajuku.jp/Blog : http://yamada-hisao.seesaa.net/ 山田経営維新塾メールマガジンバックナンバー
http://yamadajuku.blogspot.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
社団法人「山田経営維新塾」
事務所住所
〒420-0034 静岡市葵区常盤町一丁目
8番地の6アイワビル7F
事務局(担当:岡田)yamadajuku@live.jp
塾長:master@yamadajuku.jp
電 話    054-653-3607
ホームページ http://www.yamadajuku.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
posted by 山田壽雄 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。