2012年07月17日

九州北部豪雨


今月11日から14日にかけて九州北部を襲った記録的な大雨、

「九州北部豪雨」は、本当に凄まじい勢いでした。

「これまでに経験したことのない大雨」の聞き慣れない表現

最大級の厳重な警戒を要する呼びかけでした。

熊本県、大分県中心に土砂崩れ、川の氾濫

悲惨な状況を見るにつれ、あの東日本大震災の被害が

私の脳裏にフラッシュバックしてきました。

あの悲劇からまだ1年4か月しか時間が経っていない中、

なぜ、こんなにも連続して日本に国難を与えるのかと、

神に聞いてみたいくらいの気持ちになりました。

現在、この瞬間も、受け入れ難い悲惨な状況に

絶望感を感じられている方もいらっしゃるかと思いますが、

私が、一体どれだけ被害に遭われた方の

立場に立てるのかと問われれば、返す言葉はありません。

しかし、どうかあきらめず、頑張って頂きたいと思います。
posted by 山田壽雄 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。