2012年01月01日

2012年元旦

新年あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろいありましたが、今年こそは良い年でありたいですね〜

竜が天に昇るが如く、飛躍の年に・・・・・

2012年がみなさんにとって、最良の年になりますように。

本年もよろしくお願い致します。
posted by 山田壽雄 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

ゆく年・くる年

2011年、今日を入れて残り3日間、全く早い一年でした。

「目を閉じて、1年を振り返ってみてください」

3,11東日本大震災・福島第一原子力発電所の事故と、

未曾有の災害に見舞われ、被災地のみならず日本経済に大きな影響と混乱を招きました。

その後も台風12号・15号の雨、風の被害本当に大変な年でした。

今年の漢字「絆」人と人とのつながり、絆を強く感じた一年であったと思います。

そこから人々が一番強く感じたことは、これもややもすると忘れかけていた。

「感謝の気持ち」を持つではないでしょうか。

「家族がいて、仲間がいて、一緒に食事をする友人がいて、

健康で仕事が出来ることに「感謝する気持ち」が持てるということは何と幸せなことか、

こんな幸せな一年に心から感謝したいと思います。

来年は、今年より、もっともっと感謝の気持ちでいっぱいになる素晴らしい

みなさんにとって幸せな一年になるように新しい年を迎えるとても楽しみです。



どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。



posted by 山田壽雄 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

お茶は「飲料水」

お茶は「飲料水」厚生労働省、放射性物質の新基準値案

食品に含まれる放射性物質をめぐり、厚生労働省は20日、

現行の暫定基準値に代わる放射性セシウムの新たな基準値案を
まとめました。

従来の5分類から変更する4分類のうち「一般食品」は1キログラム

当たり100ベクレル、「牛乳」と新たに設ける「乳幼児食品」が

同50ベクレル、「飲料水」は同10ベクレル、お茶や乾物など製品段階で

乾燥させ、実際に飲食する際には水戻しする食品についての考え方も盛り込まれました。

お茶は原材料(生葉・荒茶)の状態では基準値の適用対象せず、飲む場合は

茶葉をお湯に入れた状態で検査。一般食品の基準値を適用することになりました。

いわゆる、飲料水と同じに、「飲料水」は全ての人が摂取し、

代替え品がない点等を踏まえ、世界保健機構(WHO)の基準に従い年間被ばく限度線量を

0、1ミリシーベルトを「一般食品」に割り当てた。

暫定基準値から一気に500分の1の10ベクレルになりました。

いままでの500ベクレルで大騒ぎだったのはいったい何だったのか?

農業・茶の生産の将来に対して不安を残し自らの命を絶った方、

廃業をなさった方、製品を破棄し経営が行き詰って大変な方達が本当に多くいるわけです。

放射能汚染での風評被害で大混乱の世の中、その保証問題で大変な現状、

多くを考えさせられる朝でした。
posted by 山田壽雄 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

米大リーグ・イチロー選手

米大リーグ、マリナーズのイチロー選手の

シーズン連続200本以上のヒットを打ち続けてきた

イチロー選手の記録が「10年」で途切れた。

シーズン終了後のイチロー選手のコメントは、

今の気持ちはなぜか晴れやかです。

その晴れやかな理由は、

200安打に一応、区切りがついた。

記録に追われることがなくなったので、ちょっとほっとしている。

苦しい年もあったでしょう、苦しい時期もあったでしょう。

思うようにいかないときもあったでしょう。

心も体も折れ掛けた時もあったでしょう。

私たちは、

とてつもない連続記録を眺める事が出来ました。

イチロー選手の活躍、米国での功績心から讃えたいと思います。

巨人軍名誉監督のあの長嶋茂雄さんの言にこうあります。

「世の中で7割ミスをして、3割だけうまく行けば評価される商売は、

他になにかありますか」と、打撃術はヒットを打ち続けることはそれだけ

難しいということなのです。

200安打、3割は途切れましたが、

ぎりぎりのところで精一杯やってきた自負があるから、

晴れやかな気持ちでシーズン終えれたのではないでしょうか。

「お疲れさまでした」まずはゆっくりお休みください。

ありがとうございました。



posted by 山田壽雄 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

復興めざせ。

2001年9月11日、米国同時テロから10年。

ニューヨークの世界貿易センタービル跡地「グランドゼロ」で追悼式が行われました。

オバマ大統領は、国民向けの演説で「テロリストは我々に再度攻撃を掛けてくるだろう、

だが、我々は全ての力を結集して国民を守らなければならない。そして、何があろうとも

不屈の国家としてやり遂げなくてはならい」と訴えてました。

日本では、2011年3月11日の東日本大震災から半年が経ちました。

死者・行方不明者は2万人余り、未だに自宅に帰れない避難者は8万人を超えてます。

野田新政権の実力が問われるところですが。

まずまずのスタートだった野田内閣がいきなりつまずいた。

臨時国会の召集を13日に控えてわけですが、就任9日目で鉢呂啓さん大臣が辞任。

原発事故の被災地を、野田総理とまわって、「死の町」発言も軽率だが、

報道陣への「放射能つけてやろうか」は情けない限りです。

「言語道断」辞任は当然である。

この、鉢呂大臣の辞任を受けて、野党自民党は臨時国会で野田首相の任命責任を厳しく追及する。

もういい加減にしろと言いたい。

我々は、全ての力を結集して被災地を守らなければならない、そして、何があろうとも

国家として不屈の精神で被災地の復旧・復興をスピーディーにやり遂げなくてはならない。

もはや政策の停滞は許されない。

野田新政権誕生を機に真の復興へ与野党一丸となって歩み進めていってもらいたい。



どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

退任

米アップル社のスティーブ・ジョブス氏が経営トップの座を退くというニュースに、

同社の株価は急落しました。

経営者一人が去るだけで(会長に)2兆円余りの時価総額が吹き飛びました。

日本では、菅直人首相が退任表明されました。

「厳しい環境のもとでやるべきことはやった」とご自身の仕事ぶりを語ってました。

この二人の退陣、本人が説明しなくても、残した業績の価値は、誰が見てもハッキリしてます。

トップリーダーの役割・重み考えさせられました。

もっと言うと、芸人・島田伸介さんの芸能界引退の記事が新聞各社(スポーツ紙当然除き)

同じ一面トップの左側に大きく写真入りで報道されてましたが・・・・・・

今日のお昼頃には、民主党代表選挙の結果が出ます。

次の首相が決まるわけですが、国民は何を期待するのでしょうか?

この日本をどんな国にしたいのか、どんな政策が必要なのか、

力強いメッセージに期待出来るのか?

スティブ・ジョブズ氏は「毎日を人生最後の日だと思って生きている」と語ってます。

日本の政治家にその覚悟があるのか、ジョブズ氏の言葉は重いものです。

日本のトップリーダーの役割・覚悟に、

今日の記者会見に注目してみます。





どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

お盆休み

毎日、熱い日が続いてますが、みなさんお元気ですか?

お盆休みは、如何お過ごしでしたか?

夏といえば、

甲子園全国高等学校野球選手権大会、

素晴らしい、熱戦が繰り広げられてます。

今日、ベスト4が決まります。

いよいよクライマックスが近ずいてきてます。

今年は、特に延長戦が多く熱戦・熱戦、そして、逆転で勝負が決まる。

満塁ホームラン、ミラクルの連続、こんなことが現実に起こるのか。

最後まで、決して諦めない、高校生に教えられます。

今年も涙なくしては語れない、感動・感動の甲子園です。

それから、もうひとつ本を読んで感動しました。

文芸春秋刊、出町譲著

清貧の復興 土光敏夫100の言葉

私は、毎年お盆休みは数冊の本を読みあさりますが、

この本は一気に読み上げました。

戦後の復興に全力を尽くし、

高度経済成長を駆け抜け、

晩年は国家再建に命を燃やした。

私生活では贅沢を嫌い、

大手上場企業の社長時代も生活費は月3万円。

メザシの土光さん(私も見習って勉強します)

勤勉・質素・倹約、見事です。

東日本大震災後の日本が復興に向かう今こそ「土光敏夫」のような

目標を設定してそこに突き進むリーダーが必要だと強く感じました。

明治の気骨、考えさせられました。

清貧の姿勢で復興と改革を成し遂げる事ができるのは、今の日本にいるのか、誰なのか。

自分の発言に責任を持つ、気骨のあるリーダーは、果たして誰なのでしょうか。




どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

農業経営戦略講座



今朝の静岡は一点の雲もなく快晴、久しぶりの爽快感。

昨日は、午後1時から、浜松の静岡県総合庁舎にて、

静岡県西部農林事務所農業経営戦略講座(開講式)に行ってきました。

今月8月スタートで来年3月の修了式まで6ヶ月間の研修講座(月​一回)

第一回、経営の基本、目標と経営者の役割

私の、講義は「経営理念と経営計画について」100分の講義

少々長い講義でした。

その後の質疑応答が60分これにも驚きましたが、その内容の濃さ

出席者の真剣さにはもっと驚かされました。

現状の農業の厳しさ、その中で必死に経営に取り組んでいるみなさ​んの

熱心さには逆に私の方が多くの気づきを頂いた感じでした。

県西部、浜松中心ですので、三ケ日のみかん農家、水稲、露地野菜​、バラ、

植木、養蜂、鶏卵等、20人程の出席者でしたが、流石、この勉強​会に出てこられる方たちですの

で、真剣なまなざしでしっかり講義​のメモを取り私も久しぶりに熱い時間を過ごしました。

日本の農業、非常に厳しい環境下にありますが、将来に大きな光が​あると

確信できました。

ただ、茶農家の方が一人もいませんでしたのが少し残念でした。

なぜ、この感想を書いているのかは、

今朝、パソコンを開いたら、昨日の講座出席者多くの方から​、早速、

私の講義の感想・お礼のメールが入っていました。

その内容にも感動しました。

私の商売は、農業に大きくかかわった商売です。

生産者に今まで以上に感謝の気持ちを持って「共存・共栄」

共に頑張っていかねばと強く感じました。

感謝・感謝・感謝。

※ビジョンなきところに目標なし。
※目標なきところに行動なし。
※行動なきところに成果なし。

どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

猛暑の夏

蝉が鳴き始めました。

今年の梅雨は早々と2週間余り早くあけました。

ビールが一段とおいしい夏本番です。

猛暑の夏、節電の夏に突入です。

日本列島、猛暑、猛暑、そして、節電

熱中症の搬送者は猛暑の昨年を上回る(3倍強)ペースだそうです。

みなさん、お気を付け下さい。

これ以上に熱く燃えて、燃えて、快進撃なのが、

ドイツで開かれている女子ワールドカップ(W杯)

女子サッカー、日本女子代表のなでしこJAPANNの快進撃

13日の準決勝でスェーデンを見事に破り初の決勝進出

決勝戦の相手は、世界ランク1位のアメリカ

世界1位のアメリカを破って、世界一に。

がんばれ、日本!

熱い、眠れない夜はまだまだ続きます。

暑い暑い夏は始まったばかりです。




どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。




posted by 山田壽雄 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

鳥越俊太郎さんの講演会

鳥越さんの講演会に行ってきました。

とっても若く元気に見えること、71歳とはまず驚きました。

それに、ガンを患って3回、4回と手術をしていると事、でも、元気です。

ガンを必要以上に怖がるな、と、おっしゃてましたが、

私が、ガン宣告を受けたら、どうなるだろうか?

鳥越さんもガンとの戦いは壮絶なものがあったと思いますが、

顔に出さず、真正面から取り組んで勝利すんだと・・・・

ガンのおかげで仕事は3倍ほど多くなったそうです、

生きる意味を真剣に考えるようになった、この思いを世の中の人に伝えていこうと

ガンにならなければ、出来なかった事を、今このように活動出来ている。

ガンに感謝しなければと、心から感謝して活動を続けていく。

「凄い」!!

私はガンでない事に感謝して、元気に生きてまいります。




どうすれば中小企業が勝ち残れるか?

人材育成7つの鉄則

経営者が理論とその実践をふまえることが重要である。

その秘訣は「人づくり」にあった。

私が長年の経営で重視してきた中小企業ならではのノウハウを分かりやすく詰め込んだ本です。
posted by 山田壽雄 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。